Akiraブログ

人生はぐるぐる

映画

フリーコミックブックデイで配布するDCのカバーはジェネレーションゼロとBATMAN!

フリーコミックブックデイ(以下、FCBD)については過去に記事を書いていますので、そちらを見てから本記事を読むとすんなりと理解出来ると思います。

FCBDアイテムでSECRET扱いなっていたDCのカバー情報が2020年2月5日に公開されました。

タイトルにも記載した通り、ジェネレーションゼロとBATMAN!
特に今回はジェネレーションゼロを個人的に注目しています。

 

ジェネレーションゼロ

大きく描かれていて目立つ所に青く発光しているけどフラッシュっぽいようなキャラがいますが、これはやっぱりフラッシュなのだそうです。3代目でウォリー・ウェストなのだそう。3代目なのでジョー・ウェストの子供です。DCドラマ版だとキッド・フラッシュと呼ばれていたと言った方がわかりやすいかもしれないです。
フラッシュはスピードスターなので早く走れるが青く発光はしていなく、額にもなにやら文字みたいのは無かったはずです。と、思ったらこれはウォッチメンのドクターマンハッタンでした。

ウォッチメンに登場するドクターマンハッタンによって引き起こされた改ざんのために再構成されたマルチバース内で現実が変わってしまった。現実が変わってしまった事により、妻だったリンダはウォリー・ウェストを認識していなっており、もともとの世界軸では二人の間にはIrisとJaiの2人の子供がいたがリンダが認識をしなくなってしまっているのでその子供の存在自体がなかった事になった。という所から話は始まるみたいです。

「3代目のフラッシュの時点」では他にも初代ジェイ・ギャリック、2代目バリー・アレンといるがDCのフラッシュではこの3代目が重要なフラッシュとしての今後の役割となるのだそうです。

スーパーマン(複数描かれているがコスチュームが微妙に違う)、BATMANも2人でロビンも2人(もう1人はTitans)、ワンダーウーマンとグリーンランタン、アクアマン、2代目スピードスターのバリー・アレン、リバース・フラッシュ?、サイボーグ、Titansのガー・ローガン、ディック・グレイソン(ロビン)、レイチェル・ロス、コリー・アンダーズ、ドナ・トロイ(ワンダーガール)が描かれているように思う。

 

BATMAN

父親の最初の車を改造することで、死の痛みと罪悪感の気持ちを整理する。
車を改造していく中で、新しい事や人の出会いで徐々に心を開いていき自分が望んでいる事は自由である事に気付くという話みたいです。

コミカル調なタッチの物です。
once upon a timeと記載があるので童話、おとぎ話扱いなのでスペシャルエピソード的な話なのかもしれないですね。

個人的にはやはりジェネレーション0が気になりました。
ジャスティスリーグ、Titans、ウォッチメン、フラッシュが関係していそうなのと、アローバースはマルチバースがひらけているので色々な事が話としては可能にはなるはずだからです。バリー・アレンの時にすでにフラッシュポイントをおこして現実を書き換えてしまっていたりもするのでどんな話になっているのかと期待してしまいます。

斯くして、フラッシュポイントで現実が変わってしまうのも千里の道も一歩から。

スポンサードリンク

-映画