Akiraブログ

人生はぐるぐる

人生 映画 未体験シリーズ

【レポート】東京コミコン2019

東京コミコン2019に参加したレポートになります。

入場するまでの話は先日の【入場するまでの攻略法】東京コミコン2019を参照してください。先日の記事を読んで頂けたらわかるのですが文字通りの紆余曲折しながやっとの事で入場しました。

はじめてに断っておくが本記事はとても長いです。文章を少しずつ書いてはいたがえらく時間がかかってしまった。
後々見返して自分の記憶を遡る事も出来るし、出来るだけ写真と詳細を残しておこうと思ったからではあるがまぁ長い。

通勤時や暇な時でも読んでもらえたらとは思うがアメコミや映画が好きな人や行った人には何かしら伝わったら嬉しい。
だが、一切知らない人にも読んでもらえて興味を持ってもらえたら嬉しい。さらには記事の感想頂けたりしたらもっと嬉しい。gmailでもTwitterでも何でも良いし3行ぐらいの感想でも良いので待ってます。

 

では、さっそく会場に入場してからの話をはじめます。
初めてのコミコンにくわえて、はじめての幕張メッセ。
人が多いので圧迫感というか窮屈感はどうしてもあります。ですが天井が高いので多少は救われました。
ライブもやったりする会場なのだろうからどんな所なのか1度行ってみたい気持ちがあったので今回実現が出来て嬉しい。

天井がものすごく高くて良い。小さい頃に体験した体育館と同じような感覚があった。

※あえて近くは取らないようにしていますがそれでも人の多さはわかると思います
来場者数に対して箱が見合っていないような気がします。
ただ、決して会場自体が小さいというわけではなく単純に人が多すぎだと思う。

東京コミコン2019全体マップ

入場直後は人の流れに乗らないと進めないのでそうする事にしました。
時間が遅くなれば時間限定で実施されるイベントブース以外は少しはましにはなりました。食べ物のゾーンには立食用のテーブルがいくつかあり賑わってました。何か記念に食べようかと思ったのですが、行列が出来ていたのであきらめました。

 

会場内はコスプレしている人が本当に多かったです。
ブースだけじゃなくても至る所で楽しめます。
突然目の前から人をかき分けて、スターウォーズのダースベイダー御一行様が歩いてきました。

船頭されているスタッフさんがいて、通りますーと言いながらお客さんに道を開けてもらいながら練り歩いていました。
人が左右にどける様はまさに十戒の海が真っ二つにわかれる様でした。そしてただ人の列が裂けるだけじゃなくて、正面からはダースベーダー御一行様というなかなか体験出来ない貴重な体験をさせてもらいました。

十戒はスターウォーズの時だけでしたが、このように突然目の前からや横や後ろにコスプレさんがいたりとサプライズが大変多いです。なので待ち時間はさほど心には苦にはならなかったですが身体(特に足)にはきます。単純に運動不足のせいかもしれませんが。。。
きっと色々な人を見逃してしまったんだろうなと思う。アローやフラッシュのコスプレさんは見かけなかったし。

 

コスプレさんだけじゃなくても販売ブースも沢山ありました。
スターウォーズやアメコミのグッズブースでは縦長の珍しいフォルムのジャバ・ザ・ハットがいました。

ジャバ・ザ・ハットといえば横に大きい物が多い中縦長はレアですよね。

小さいジャバ・ザ・ハット、イウォーク、ダースベイダーがいました。
これは指人形らしいです。買ったらよかったと後悔している1つです。お値段次第ですが。。。

ジャバ・ザ・ハット ON 小ジャバ・ザ・ハット。
頭に乗っけてるのが可愛いです。

 

DCやMarvelフィギュアの展示も豊富でした。
テレビドラマ版のフラッシュなのでグラント・ガスティンさん

スーサイドスクワットのハーレイクイーン

ジャスティスリーグのワンダーウーマン

アーカムナイト(ゲーム)のバットマン

アーカムナイト(ゲーム)のバットガール

アーカムアサイラム(ゲーム)のジョーカー

フラッシュはグラント・ガスティンさんが好きなので見れて良かったです!別に、ジャスティス・リーグでフラッシュを演じているエズラ・ミラーさんが嫌いとか言ってるわけではないんですよ。ただ、ドラマ版フラッシュはシーズン5(1つのシーズンが23話ある!)まで見ているし、アローバースでも出ているので見ている回数が多すぎなのでフラッシュと言えばグラント・ガスティンさんを思い出してしまうのです。見た目が爽やかだし。

さて、ここの場所では整備はされていないのに割り込みや動かないという人が1人もいなくて、人が左から右に動いて写真を撮ったり見たり思い思いで動くという流れが自然に出来ていました。自然にこういった流れが出来るのはDC好きはさすが良識があるなと思いました。自分もその流れを守ったので言わずもがなですね、はい。

 

続いて撮影出来たのはこちらです。
ここは人が多くてまともに撮影が出来なかったのが残念です。

ヘルボーイ

ヘルボーイは今年に3作目(リブート)の上映がありました。過去作品も好きでそのキャラと世界観が好きです。

ITそれが見えたら終わりのペニーワイズ

そうそう、こうやって撮影をしている時にでも近くをガーディアンズオブギャラクシーのガモーラのコスさんや、ブラックパンサーのコスさんが普通に歩いていますのでいたるところに目がいってしまいます。目の前に集中してしまうと色々な所でコスさんがいるので見逃してしまいがちなので忙しいです。

 

ここではまったく撮影出来ないので横から雑に一部の一覧しか取れませんでした。

本イベントに来日しているジュードロウさんのヨンロッグ。
キャプテンマーベルでは目立ってましたね。あの展開になるとは思いませんでした。

スパイダーマンゾーンもありました。

最後はミステリオです。カッコイイ。コミックは知らないのでわかりませんが、金魚鉢みたいなのを被って中には煙?みたいなのが充満してたのは謎です。劇中にも触れてなかったと思うけどあれはいったいなんなんだろうか。

会場限定販売の物とかもさらっとディスプレイされていました。


ドクターストレンジとロケットの間のキャラ(何かはわかりませんでした)がずっこけてました。誰か起こしてあげてー。と思いました。当然自分も思いましたが人が大変込み合っていて回り込んで行かなくてはいけない場所だったので申し訳ない気持ちになりつつも移動しました。

あと、コミック版のフィギュアもありました。

Disney+でも制作発表されているシーハルクがいました。コミックは読んだことないのでわからないですがやっぱりパワー系で強いんでしょうか。

コミック版のサノスはすごい悪そうな感じです。結構怖い。

 

そしてとても人気だった場所の1つの名言壁

スパイディーに出てくるベンおじさんの言葉「大いなる力には大いなる責任が伴う」
見切れちゃっていますが好きな言葉。他にも色々な名言が壁に刻まれていました。写真を撮るスポットとしては良いですよね。
どの映画でも出てくるセリフからは人生を見つめ直す事、学べる事がたくさんある。そのメッセージ性が強い映画は好きです。もちろん難解な映画も好きです。ようするに映画好きです。

大きいし目立つからか、たぶん会場での待ち合わせとか、背景にして撮影される方が多くてしばらく待っては見るものの、全体を撮影する事は出来ませんでした。その後も何回か通りましたがいるも人が多くいました。

その壁の前にひとだかりが出来ていました。デッドプールの集団の方がいてちょっとした撮影会になってるタイミングに出くわしました。

すごい人気のあるコスプレさんの方々で完成度も高くてカッコイイ!
メイドのデッドプールさんの筋肉も細マッチョでした。

時間限定でコスプレイベントショーというものがあって、コスプレさん達が舞台で様々にコスプレを披露するものがありました。
名言壁で見かけたデッドプール集団の方々が出た時の写真がありますがあまり画質が良くないのでちょっとだけ載せます。

人だかりがすごくてかなり遠かったので基本的にはモニター越しで見ていました。ハリーポッターやスターウォーズ、ガーディアンズオブギャラクシー、TITANS(なんとチームでした)、アイアンマン、マイティーソー、バットマン、ジョーカー、アクアマン、ハーレイクイーンほか色々出演されていて楽しめました。個人的にはTITANSとガーディアンズオブギャラクシーのヨンドゥはレアだなーと思いました。

 

歩いていると人だかりが出来ていたので遠くからでもわかるアベンジャーズスタチューがありました。早速並びましたが待ち時間はさほどありませんでした。5分~10分ぐらいだったと思います。

MCUの中でかなりの戦闘力を持っているキャプテンマーベル。目が光ってましたし強そうなポージングです。

ハルクバスターはとても大きいサイズなのがわかると思います。
作りもかなりしっかりしていてかっこよかったです。

その隣にはアイアンマンマーク49レスキュー!
ペッパー・ポッツ専用のアイアンマンです。初めて大きいサイズを見たけどスタイリッシュで女性っぽさがやっぱりありましたね。色合いもかなり良い。

親愛なる隣人のスパイダーマンはアイアンスーツです。目が光っていてカッコイイです。

そして最後はハルク!顔がマーク・ラファロに似ていて良い。

このイベントブースの出口付近にいたアイアンマンとキャップの後ろ姿が見れましたので撮影しました。

かなり人間に近い感じの後ろ姿だと写真を見て改めて思いました。

これがアメリカのケツだ!※アベンジャーズを見た事ある人にしか伝わりません
なかなか後ろ姿を見れる事は無いような気がします。アメリカのケツが見れて良かったです。
出口が東京コミコン2019会場限定アイテム販売と繋がっています。

宇宙服を着たスタン・リー!言わずもがなこの方が存在していなければ作品が生まれなかった物が多数あります。ありがとう、スタン・リーさん。

そして真ん中でやたらと迫力のあった・・・、

戦闘モードのサノス!

頭上にはアイアンマンとキャプテン・アメリカのデカイ垂れ幕があって、うまい事撮影ができたのでなんともな画になりました。

右手には巨大なデュアルブレードを構えていました。かなりの大きさだし迫力がありました。

会場限定アイテム販売ブースを出て歩いていると見た事のある車がありました。

映画バック・トゥ・ザ・フューチャーで過去/現在に戻ってくる為(ある意味未来に行く)の車のデロリアン!
そして、マイケル・J・フォックスが乗っていたスケボーもセットでありました。アメコミばかりがあるものだと思っていましたのでこれには感動さえしました。

バック・トゥ・ザ・フューチャーも好きな映画だし、出ていたアイテムが見れたのは嬉しかったです。デロリアンにスケボーと亀仙人!あれ、亀仙人って出てたんだっけ?まぁいいか。

そして、ライトアップされているバイクがありました。

バットマン ライジングでバットマンが乗っていたバットポット。

前輪付近に長細い銃口がなかったのが残念でしたが撮影スポットとしてかなり人気でした。
バットポットの隣にティム・バートン3部作で登場した型のバットモービルがありましたがうまく撮影出来ていませんでした・・・。

映画ターミネータのゾーンもありました。

ターミネータのT-800 エンドスケルトンは迫力がありました。
拡大してみたら顔もかなり作りこまれていました。

隣にはT-1000がありましたが、なにやらすごい機材でど真ん中で撮影されている方がいましたので邪魔にならないように撮りませんでした。

来年公開のハーレイクイーンのイベントブースではワンダーウーマンがいました。

奥からハーレイクイーンのコスプレさんが見守ってくれていました。
このブースでは撮影会も時間限定で行われていました。

人が多すぎなので気を使って横に移動。

司会の方のマイクが写っています。

そんな驚く事ある?むしろ驚くような事なんて何も無かったと思うんだけど・・・。コミコンの写真を見返しててこの写真に気付いた自分がむしろこの表情になりました。

今回来日されているザッカリー・リーヴァイさんが主演のSHAZAM!のスタチューもいました。
いまいち人がいなかったです。映画はDCにしては明るくコメディー調だったし面白かったと思うんですけどね。
シャザーム!!

バットマンのコスチュームが展示されていました。これはダークナイト ライジングの時のコスチュームなのだそうです。
コスチュームだけではいつの映画の時なのかまだまだ判断する事が出来ないです。
アイアンマンのパワードスーツもそうですが微妙な違いだけだと難しい。
この時のバットマンはクリスチャン・ベールさんの時のバットマンです。クリスチャン・ベールさんは好きな俳優さんです。
しかし、マシニストからのバットマン ビギンズって体重差がありすぎてかなりやばい追い込みをしましたね。

バットマンのコスプレさんがいました。めちゃくちゃカッコイイです。
体格も似てると思うし強そうです。

これもダークナイト ライジングだそうなのでヒース・レジャーさんの時のジョーカーのコスチュームです。
個人的にはジョーカーと言えば、やっぱりヒース・レジャーさんを思い浮かべてしまいます。
会場にはヒース・レジャーのジョーカーのコスプレさんも結構多かったです。

 

コミコンでゲットしたアイテムです。

会場限定、かつ、各日で個数限定の特大のアローの背負う形のバックが入手出来て良かった。ちゃんと長さの調整が出来るんですよ。
だけどもヒーローレベルが足りていないのでまだ外には背負って行く勇気は宿ってはいない。
金太郎飴なんて懐かしい。今もあるんですかね。DCの金太郎飴は顔が潰れちゃってるけど特徴があるのでわかりやすいですよね。ロビン、ワンダーウーマン、バットマン、ジョーカー、ハーレイクイーンの5種です。

 

過去の東京コミコンゲストのサイン一覧

ありがとう、スタン・リーさん。生存されている時に見たかった・・・。

 

マーク・ラファロ登壇前は吉本芸人のなだぎ武さんらのトークからはじまり呼び込みから登場しました。

Marvel社長のケヴィンさんからハルクのアイデアが何か無いかと言われて、いくつかのアイデアを出したと言っていました。
それとウルヴァリンVSハルクが見てみたいとかいう、よくわからない質問をマーク・ラファロさんに投げかけて自分の周辺はもちろんざわついていました。
LOGANでウルヴァリンは死にましたが、もっと前の時代であれば再生能力が強いので長期戦になればウルヴァリンの方が強いんじゃないかと思います。爪もありますし。そもそも何を期待してそんな戦いが見たいのか。コミックは知らないのでもしかしたらコミックではその戦いがあるんでしょうか。コミック版のデットプールVSサノスみたいな。

 

遠くからウォッチメンのロールシャッハのコスプレさんを発見しました。

ロールシャッハは渋くて好きなキャラだったので近寄った所である事に気付きました。ロールシャッハさんはゲームオブスローンズに登場する鉄の玉座の撮影の順番待ちをされていたのです。しかも次はロールシャッハさんの番でしたので声をかけずに写真だけ撮影しました。

ロールシャッハさんの後ろにキン肉マンソルジャーのコスプレさんがいてものすごい組み合わせだなと思ったのも事実です。

 

しかし、この時は後日あんな展開になるとは予想もしていなかったのである。

 

後日、Twitterでコミコンの検索していた所、会場で見かけたロールシャッハさんらしきアイコンを発見したので、もしや?と思いつぶやきを見ながらスクロールすると・・・、

実はロールシャッハさんがいたもので何度かロールシャッハおる!と言ってしまった記憶がありました・・・。
そこで自分は思い切って話かけてみる事を決意しました。

しかも鉄の王座って間違えている。それぐらい緊張して話かけていた事が自分自身でも見返してわかった。
実際1回文章を作成して送信しようとしたが消して止めていたぐらいである。
返信が来ないかもしれないし、そもそもの可能性としては低いはずだ。
ウォッチメンはみんな見てるしロールシャッハのコスプレさんは目立つから話しかけられたりしていたに違いない、と。
でも、もしかしたらの可能性があるので文章を送ったのだった。

緊張しながら待つ事にしたその結果・・・

ひぃー、まさかの自分でした。いや、可能性は少しはあるとは思っていたんですよ。あまり近くでロールシャッハおるとは言っていなかったし(自分ではそう思っているだけ)ただ、何回かは間違いなく言った記憶はあるのである。

世の中広い。こんなにも広い世の中でこのような偶然があるのか。または必然なのか。
すかさずフォローをさせて頂いた。Twitter上でやりとりしてる時も若干緊張していた。東京コミコンではこんな事が起こるんだなと。
他にもロールシャッハのコスプレ写真をアップされているので良かったらマスクドライダー社畜さんのTwitterを覗いてみてください。

 

東京コミコン初参戦ながらにして、海外俳優、吉本芸人、フリーアナウンサーの宇垣美里さん、さまざまなアイテム、コスプレイヤーさん、人の出会いと色々な事を経験してとても刺激になりました。この記事で初めて自分に触れて頂けた人もいるかもしれませんので簡単にですが自分は持病があり色々な所に出かけられないというものがあります。

それでも多少無理をしてでも毎年行ける範囲で開催する時は自分なりにゆっくりと回ったりで参戦したいと思っている。
その価値がそこにはあると思っている。いや、思えてしまう魅力と熱がそこにはある。

こういったイベントは初めてなのもあり、なかなか声をかけずらいという事があった。それは相手方のタイミングである。
楽しそうに話しをされている所に割って入る事は出来ない(したくない)し、物を食べていたりやスマホをいじっていたりした場合でもそうだ。アローやジャスティスリーグに出ていたカタナのコスプレさんやキック・アスのヒット・ガールのコスプレさんやゴーストライダーのコスプレさんは写真を撮りたかったなという思いがある。

今回の経験は次に繋がるだろうと思う。はじめてにしては良く頑張った方だと思うし満足感がとてもある。

まだ未経験の人がいて、アメコミやアメリカテイストの映画が好きなら思い切って参加すべきだと思う。別に色々な映画を知らなくても1つの映画、1つのキャラだけ好きなだけでも十分参戦する理由にはなるはずだ。
同じ趣味を持ってる方々が目に見えて至る所にいて、自分が知っている内容の会話もあちらこちらから聞こえたりするのは言葉で表すのは難しくその表現も思いつかない。

ただ、1つだけ言えるのは「コミコン最高」であるという事。
来年のコミコンに参加したいと思う気持ちがあるだけでも今日を生きる活力になる。

斯くして、ヒーローに憧れるのも千里の道も一歩から。

スポンサードリンク

-人生, 映画, 未体験シリーズ