Akiraブログ

人生はぐるぐる

映画

ヴェノム2でカーネイジ出演?そしていよいよスパイダーマン出演か?

トム・ハーディさんが主演で2018年の11月8日にヴェノムが公開された。
ヴェノム誕生の物語であったが音楽もヴィジュアル、アクション、物語のいずれもカッコイイ作りになっていてとても好きな作品だ。

カメオ出演でスタン・リーさんがここでという所で出てきたのには映画館で「おー」と嬉しく感じた記憶も新しい。
2020年の今年、SONY作品が2つローンチされるという情報は出ていたが、DCのスーサイドスクワッドでジョーカー役のジャレッド・レトさんを主演に迎えたモービウスの情報が出てもう一つはヴェノムなのではないかと噂されていた。

公開されるのはやはりヴェノム2だという情報が出た。アメリカでは2020年10月2日に公開予定という情報も出ている。
ヴェノム2(英語です)

前作のヴェノムの最後に、記者であるトム・ハーディ演じるエディ・ブロックが刑務所にいったシーンで、ウディ・ハレルソンさん演じるカーネイジが出演していてヴェノムの続編を匂わせて作品が終わっていた。

その事からヴェノム VS カーネイジを思い描くがそもそもヴェノムもカーネイジもスパイダーマンのヴィランである。
SONYはMarvelキャラクターの900体の権利を所有しており、SONYの正式な呼び方はまだ定まっていないとの事だがソニーズ・ユニバース・オブ・マーベル・キャラクター(SUMC)、またはソニー・マーベル・ユニバース(SMU)と言われている。Marvelだとマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)である。いったんは有力視されているSUMCとして以下は記載します。

 

去年はトム・ホランドさんやほかの俳優さん、その動向を見守るしかないファンも巻き込み大きな話題となったスパイダーマン。
結果的にMarvelとSONYは和解して今後もMCUにスパイダーマンが出演する事になったのでファンからするとめでたしめでたしの話という一件があった。

スパイダーマンはMCUに今後も出続ける。が、SONYが所有をするキャラクターであるのでSUMCに出演する可能性がある。
現在のSUMCは2018年のヴェノムが最初の作品になっていて、次にモービウス、3番目にヴェノム2という位置づけとなる。
世界的人気のスパイダーマンがSUMCでまだ出演していない。2作目のモービウスの予告の段階だと出ていないのでまだ確認が出来ていないがモービウスもまたスパイダーマンの敵なので出演する可能性はある。

今回のヴェノム2では単純にヴェノムとカーネイジだけではなく、スパイダーマンも出演するのではないかと予測している。
理由はそもそもヴェノムもカーネイジもスパイダーマンのヴィランであるしコミックではヴェノムとスパイダーマンが手を組んでカーネイジと戦った事がある事。SUMCをスタートしたからには所有するキャラクターでもっとも人気のあるスパイダーマンを早く主演させたい意向があるのではないかという事。もしスパイダーマンが出演になったとするとそこから物語としてはSUMCとMCUがクロスオーバーする事も可能となりSONYにとっては好都合であるから。というのが私見である。ファンからしてみてたら楽しみである事には間違いない。

 

以前記事にしたフリーコミックブックデイでMarvelから配布される1つがアメージングスパイダーマンとヴェノムとブラックキャットの表紙のものでした。

今回のヴェノム2公開を視野に入れての無料配布なのかもしれません。なので、ヴェノム2にはスパイダーマンが出る可能性がありヴェノムとスパイダーマンが協力して最凶カーネイジと戦うのではないかと勝手に想像をして楽しんでいます。

あと、MCUでのブラックパンサーの例もあるので、ブラックキャットも単独映画の噂もありますし、フリーコミックブックでの配布にも表紙に描かれているので今回のヴェノム2で登場をしてから単独映画という事も可能性はあるのかなとも思っています。

斯くして、推測して楽しむ事も千里の道も一歩から。

スポンサードリンク

-映画