Akiraブログ

人生はぐるぐる

映画

アローバースの壮大さを体験するには誰しも共通な有限なあるコトが関係する

DCコミックスのARROW/GREENARROW(アロー/グリーンアロー)を軸にした壮大なクロスオーバーしている物語の作品がARROWVERSE(アローバース)と言われています。ARROW、FLASH、SUPERGIRL、LEGENDS OF TOMORROW、BATWOMANの5作品が主。アローバースはBLACK LIGHTNING(ブラックライトニング)も含まれるが現在はNetflixオリジナルで作成されて放送されている(大人の事情だろうか)
※アロー、フラッシュ、スーパーガールのクロスオーバー作品の「エルスワールド 最強ヒーロー外伝」でバットウーマンが加わった
また、スーパーガールは少し毛並みが違うといえば違っていてアロー、フラッシュを追っていなくても見れる事は見れる。ただクロスオーバー作品があるので急にアローやフラッシュやレジェンドメンバーが出てくる事があるので意味がわからなくなる事があるにはある。

アローは開始から8年経っているので歴史がある。
人によって楽しみ方は色々なのでアロー、フラッシュ、スーパーガール、レジェンドオブトゥモロー、バットウーマン毎で見ても良いし、クロスオーバーを楽しむ為に公開順で見ていくのも良い。ちなみに自分は後者を選択して見てきたがかなり大変でつかみづらくなってしまった事がある。

現在の各タイトルのシーズンについて記載しておきます。
タイトルのルアーである内容となるのだがどれだけ壮大かは以下を確認して頂けたらなんとなくわかると思う。

■アロー
シーズン1:23話
シーズン2:23話
シーズン3:23話
シーズン4:23話
シーズン5:23話
シーズン6:23話
シーズン7:22話
シーズン8:10話
※シーズン8で完結

全170話×45分=7,650÷60=127.5時間


※コンプリート作品

フラッシュ
シーズン1:23話
シーズン2:23話
シーズン3:23話
シーズン4:23話
シーズン5:22話
シーズン6:19話※9/16から
シーズン7(DCファンドームにて作成中映像公開された)

現在133話×45分=5,985÷60=99.75時間

スーパーガール
シーズン1:20話
シーズン2:22話
シーズン3:23話
シーズン4:22話
シーズン5:19話

現在106話×45分=4,770÷60=79.5時間

レジェンド・オブ・トゥモロー
シーズン1:16話
シーズン2:17話
シーズン3:18話
シーズン4:16話
シーズン5:15話※11/06から

現在82話×45=3,690÷60=61.5時間

バットウーマン
シーズン1:20話

現在20話×45分=900÷60=15時間

 

全タイトルの合計時間383時間15分。

なんと、383時間を超えているのである!!つまり、アローバースの壮大な物語を体験するには「時間」が必要という事なのである。そう、しかもかなりの「時間」が必要である。時間だとイメージが付きづらいかも知れないので視聴時間を例に日数を記載してみます。

15分をのぞいて383時間で計算

1日1時間で383日
1日2時間で191.5日
1日4時間で95.75日
1日8時間で47.875日
1日24時間で15.958(以下小数点省略)日

1日2時間でも191.5日かかる計算になる。仕事をしながらだとかなりきついだろうと思う。
自分がアローバースを見始めた頃でも休みの一日中見たりとかしても3、4ヶ月ほどかかったと記憶しているし、寝落ちなんかはしょっちゅうしてしまっていて見返したりした。

だが、このアローバースは1シーズンが長い分かなり深い作りで、クロスオーバー、マルチバースもある為に複雑に作られていてかなり壮大になっていると思う。当然各タイトルでコンセプトはかなり違うし例えばレジェンドオブトゥモローで過去に行きその時代のファッションや街が出てきたりするのはとても魅力的に感じて楽しめるはずだ。

 

一番厄介なのは、恐らく今でも1つのサブスクリプション映像配信サービスでは網羅出来ない事だろう。調べていないが今は配信がまとまっている所があるかもしれないが5年前は全然無かった(ちなみにNetflixにはアローとフラッシュだけはある)。なのでどうしたかと言うとTSUTAYAでレンタルしまくって見た。

最悪なのが、他者と同じシーズンを追いかける事になった場合に自分が見たい続編が借りられてしまっている可能性がある事だ。レジェンドのターンの時にそれに遭遇して苛立ちを隠せなかった。購入してしまえばそういった事はないのだが。

 

兎にも角にもヒーロー物や、壮大な映像作品を見たい方にはうってつけのアローバース。
無駄に長いわけではなく中身もきっちりしているしかなり面白いと思う。

特殊部隊タスクフォースX=スーサイドスクワッド(制約により大きくは取り扱えていない)やA.R.G.U.S.(アーガス)、暗殺者同盟リーグ・オブ・アサシン(クリストファーノーラン監督のバットマンシリーズで渡辺謙さんが演じていたのがリーグ・オブ・アサシンのトップのラーズ・アル・グール)、キャラの人気があるので単独映画の話も過去にはあったスレイド・ウィルソン=デスストローク(途中で制約が関係して出番が少なくなった)、他DCキャラクターもたくさん出てきます。もしかするとスーサイドスクワッド2から新たに出てくるキャラの話なんかもフラッシュあたりで出てきてるかもしれませんね。しかもわりとそのシーズンの重要キャラで。

色々とあるのですが書いたら面白くないので是非ご自身で体験してみて頂きたいと思います。メールやTwitterでご連絡頂けたらその話題が出来ると思いますので誰かと話をしたくなった際には気軽にご連絡ください。

斯くして、ヒーローも人間なので苦悩と戦っているのも千里の道も一歩から。

スポンサードリンク

-映画