Akiraブログ

人生はぐるぐる

人生

そこに夢中になれる何かがあるからこそ、心を豊かにする事が出来る

ppp_haretahinokumototaiyou_TP_V

何か打ち込んでいる事はあるだろうか。
仕事でも趣味でも何でも良い。

没頭出来る何かを見つけられているのであれば大変素晴らしい事だと思う。

自分はというと、今は無い。
「今は」と書いたのは、過去には目指したものがあったのだが、いずれ記載しようかと思う。

心がくじけてしまっていた時期が長いが、
夢や趣味を聞かれると恥ずかしい気持ちになっていた。

 

それはなぜか?

理由は以下になる。

Q : 夢はなんですか?

A : ありません

Q : 趣味は何かありますか?

A : これと言った趣味はありません

Q : 仕事のキャリアパスは?

A : これといってありません。
※と、言いたいところだが雷を落とされるのは明白なので無理やりそれっぽい事を言う

 

ふざけた回答をしているわけではなく、
正直な思いを回答するとこうなってしまっていた。

 

なんて、つまらない人間なのだろうか。
まったく、自責の念を抱いてしまう。

正直な所、こんな人間に誰も興味は持たないだろうし、
仕事面においても成長させようとは誰も思ってもくれないだろう。

やりたい事を見つけられずに毎日をただ過ごしていると、
あっと言うまに人生は終わってしまうのだろうと気付いた。

頭では思っていても、いざ何かを始められる興味も見つからなかった。
何をするにも遅いと思い混んでしまい、完全に心がくじけてしまっていたのかもしれない。


見た目は20代だとよく言われるので驚かれるのだが、実年齢はすでに齢30半ばだ。

毎朝満員電車に揺られて働くのが普通だし、
10代、20代でも無いのに今更何を言ってるんだ。と思う人もいるのかも知れない。
いや、むしろ世間一般ではそうなのかも知れない。
しかし、何かを始めるのに早いも遅いも無いと思っている。

そもそも、誰が遅い早いを設置出来る権利があるのであろうか?と、
疑問が湧いて考えた回答がこうだ。

それは他人ではなく、きっと自分自身なのだろうと思う。
すべては自分の決断に過ぎない。

 

今、

楽しいと思える事を見つけたいと思った。

面白いと思える事を見つけたいと思った。

夢、生きがいを見つけたいと思った。

自分に共感して頂ける仲間を見つけたいと思った。

死ぬ間際に良い人生だったと思える人生を送りたいと思った。

 

ただ、そう自分が決断した。それだけだ。

行動したいと思ったその内なるエネルギーを発散し、
摩擦が生じて、熱が帯て何かが生まれる事を切に願うが、
きっと困難や避難に会う事もあるのだろう。

不安、恐怖心は無いはずがない。
もともとが人一倍びびりな人間なのだ。考えただけでも吐き気がしてくる。

だが、今までがそうだったように避けていては何も始まらないだろう。

人生という苦行を旅する旅人になろうと思う。

しかし、各地を転々とするだけが旅人を意味するわけではないだろう。

人との出会いもあるだろう。
これからどんな人とセッション出来るのか楽しみだ。
気負わず、楽しみながら行こう。

どこを目指すにしても、千里の道も一歩から。






-人生